求人案内の常連だけど

求人案内を見ていると、必ずといって良いほど目にする仕事が営業です。
製造、販売、サービス、どれをとってもまずは相手である、お客様はいなくてははじまりません。そしてそのお客様は営業をかけることで手に入れなくてはなりませんから、求人件数が多いのは当然といえるでしょう。
この営業というお仕事にはいくつか必要なものがあります。
一つは容姿ですが、これは何も生まれついてのものを指しているわけではありません。努力と心がけ次第でいくらでも改善できるもの、つまり身だしなみを指しています。清潔感があり、笑顔が素敵であること。この二つがダメであると、お客様は話を聞いてくれません。
そして話術、これが一番大切でしょう。
無駄に長引かせたりせず、セールスポイントをわかりやすく伝えると良いのではないでしょうか。

Posted by admin 21.11月.12 未分類 Read more Comments (0)

営業と話術

「営業は会社の顔」といわれるくらい、会社の業績・売り上げを左右するほどの影響力を持つ営業のお仕事。会社の第一線に立ち、お客様と接するのが営業です。自社のサービスや商品をお客様に紹介し、契約に結び付けることが求められます。概して話術に長けるというイメージがある営業マンですが、自分の話ばかりするようでは思うようにことが運びません。お客様のニーズをうまく聞きだし、相手が何を求めているかを的確につかみ、役に立てそうなポイントを逃さないことが大事です。言葉を巧みに利用することよりも、会話の中で相手が何を求めているのかを察するコミュニケーションの本質が求められるのが営業。会話の場数を踏むことで、自然と話術も上達するでしょう。商品やサービスを売るというより、会話で相手を気持ちよくさせて、「自分」を売るという気持ちで挑むのはいかかでしょうか?

Posted by admin 14.12月.11 未分類 Read more Comments (0)